京丹後市 砂地栽培のさつまいも

京丹後市 砂地栽培のさつまいも

日本海に隣接する京丹後市の若手農家を訪問してきました。

メロンやユリの生産が盛んなこの地域でさつまいもを作っているそうです。

いくつも品種をテスト栽培し、他地域のさつまいも農家にアドバイスをもらい

納得いく味のさつまいもが取れるようになったそうです。

今シーズンは10月頃から出荷の予定で、当日試食はできなかったのですが

曰く、口にいれた強烈な甘さというよりもしっとりとした甘さが広がり

飲み込んだ時、喉を通る際に甘みが広がるとの事。

トマトのようにさつまいもも糖度競争はそろそろ一区切りついて

嗜好が分かれてくる時代に突入したと思いますが、強烈な甘さというよりも

後引く甘さというフレーズで今シーズン売り込んでみたいと思います。

ちなみに彼は里芋も砂地で作っているという変わり者!?なのですが

肌は白く、芋はきめ細かい食感という事でこちらも出荷が楽しみです!