社名のストローブレイドの由来

Straw Braidの和訳は麦稈真田(ばっかんさなだ)

麦わらを真田紐のように編んだ、麦わら帽子の材料になる紐です。

 

昔は農家の副業として盛んに生産され、欧米に輸出されたそうです。
麦稈真田は当時現金収入の乏しかった農村経済をうるおし、教育や生活向上、地域開発の強い支えとなったそうです。麦稈を平たくつぶし、真田紐のように編み上げるととても強度のある藁紐(Braid)ができます。麦稈のブレイドをミシンで縫い上げると麦わら帽子になります。私共はそれぞれの得意分野の集合が組み合わさって強い真田紐となり、機能性のある麦わら帽子のように、皆様のお役に立てる企業になれるように努力する所存です。